非常用電源としての水素燃料電池や簡易型移動式水素ステーションのご相談なら、大阪府の「ヤマト・H2Energy Japan株式会社」へ。

 大阪市淀川区西中島4丁目2番26号

お気軽にお問合せください

06-7656-1825

営業時間

9時~18時(土日祝を除く)

当社燃料電池の特徴

燃料電池は千差万別。形も、発電量もバラバラです。

大切なのは「必要なところに必要な分」を備えることです。

災害時にインフラがすべて停止した場合、復旧までの時間を24~72時間と想定して非常用電源を準備するよう総務省から通達されています。各サイトごとに必要とされる電力量は異なりますから、その見極めが重要です。また、逆に電力量マージンを多く取ってしまうと、初期コストだけでなく、メンテナンスにかかるランニングコストも増大してしまいます。

ヤマト・H2Enagy Japanでは豊富な経験により最適な必要電力量のご提示と、発電スタックのモジュール化で過不足のない非常用電源のご提案が可能です。

  • 「 必要な分」の発電量を確保するようにします。
  • 米エネルギー省調査において稼働率99.7%の高信頼性。
  • 蓄電池へのリプレイスで大きなコスト削減が可能。

特徴

隠れた銘品、リライオン社の発電モジュール

リライオン社の製品は米国では軍、警察、鉄道用/道路用信号機として多く採用されています。いわば「隠れた銘品」で、ヤマト・H2Enagy Japanはリライオン社と日本での販売総代理という固な提携を結んでいます。

モジュール方式でムダなく必要電力量を確保

発電スタックをモジュール方式にすることで、必要な電力をムダなく確保できます。

1シャーシあたり2500W/1100W/200Wの種類があり、柔軟な構成が可能です。また、水素ボンベを多く搭載すればより長時間の稼働ができます。

豊富なラインナップでサイト状況に完全対応

2500W、1100W、200Wの発電モジュールをご用意しています。モジュールの個数で発電量の設定ができます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-7656-1825

受付時間:9時~18時(土日祝を除く)