非常用電源としての水素燃料電池や簡易型移動式水素ステーションのご相談なら、大阪府の「ヤマト・H2Energy Japan株式会社」へ。

 大阪市淀川区西中島4丁目2番26号

お気軽にお問合せください

06-7656-1825

営業時間

9時~18時(土日祝を除く)

当社の水素燃料電池について

既存設備への追加・ハイブリッド

燃料電池が良さそうでも、すでに蓄電池システムが動いているし・・・

従来設備を生かしながら、最小限のコストで
通達基準まで信頼性を高めることができます。

ヤマト・H2Enagy Japan製品は直流バス(DC BUS)に直接接続することができます。

そのため、太陽光発電や風力発電システムに容易に追加することが可能で、これらのシステムのバックアップ用電源として活躍しています。

太陽光発電や風力発電システムとハイブリッドになることで、システム全体の信頼性が格段にアップします。

また、系統電源を引いて来るコストを考えれば、最小限のコストですみます。二次電池(蓄電池)だけでは、継続使用時間の問題や長期間による劣化などで不安な場合、燃料電池の追加は非常用電源としてたいへん有効な手段です。

詳しくはこちらをクリック

  • 太陽光・風力発電システムに直接追加が可能。
  • 燃料電池の追加でシステムの信頼性が格段に向上。
  • 劣化や短時間発電といった蓄電池の弱点を克服。

小型・ポータブル燃料電池の大きな可能性

ポータブル 30Wタイプ燃料電池

ヤマト・H2Enagy Japanが取り扱うの30Wタイプ燃料電池(新製品)用水素燃料ボンベは20MPa以下の充填圧力のため、高圧ガス保安法による保安距離規制の対象外となります。

水素燃料カートリッジ2本内蔵、1本が使い終わると2本目に自動切り替えを行います。また、2本目を使い終わるまでに交換するだけで電気の供給を止めることなく継続的な発電が行えます。

音もにおいも発生しませんから、屋内での使用も全く問題ありません。燃料電池の用途が飛躍的にひろがりました。

災害支援型自動販売機のバックアップ電源などに

一例ですが、小型・コンパクトなポータブル燃料電池なら自動販売機に内蔵することが可能で、災害停電時の緊急用電源として使用することができます。

また、当社のポータブル燃料電池は保安距離規制の対象外ですから、自動販売機の設置場所を選びません。

蓄電池と組み合わせることで、停電時の瞬間には蓄電池が電気を供給し、その数分後に燃料電池が長時間の電気供給を行う、信頼性の高いシステムの構築ができます。

汎用出力用端子を標準装備

ポータブル燃料電池はシガレットライターソケット、USBポート、マイクロUSBポートを標準で装備していますから、いろいろなデバイスを接続してすぐに使えます。

非常用電源以外にもアイディア次第でひろがる用途

「小型」「長時間供給」「携帯性」を生かしたあらゆる用途で活躍します。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-7656-1825

受付時間:9時~18時(土日祝を除く)